スポーツ教室・スクール集客アドバイザー 前田佳奈

 

もしもあなたが、

  • 募集チラシを作ってみたけど、全く反応がないのはなぜ?
  • やっぱりデザインがダサいから?
  • やっぱり手作りじゃダメ?

そう悩んでいるとしても、高いコストをかけてチラシを作るのは、ちょっと待ってください!

 

今からお話しする「中学生が作ったチラシ」と自分の作ったチラシを見比べて、

ぜひヒントを得てほしいと思います。

 

 

先日、ある中学校に行った時のことです。

掲示板には、各部活動の「部員募集チラシ」が貼られていました。

 

野球部、バスケ部、バドミントン部、バレーボール部、吹奏楽部・・・

 

かわいいイラストやおしゃれな字体で書かれたチラシ。

カラフルなチラシ。逆に超シンプルなチラシ。

その中に、私が思わず二度見したチラシがありました!

 

それはなぜかというと、

人が集まるためのポイントをおさえた、とてもgoodなチラシだったからです!!

 

 

ポイント① 誰が見るのか?

 

あなたのチラシの一番に目につく場所には、どんなコピーを書いていますか?
(ヘッドラインやキャッチコピーと呼ばれます。)

 

ほとんどの場合は、

  • ◯◯バレーボールクラブ!
  • 部員募集中!
  • みんなでバレーしよう!

などと書かれていると思います。

 

私が見た部員募集チラシも、

「野球部にあつまれ!」「女子バレー部!」「サッカー部に入ろう!」

などと書かれていました。

 

しかし、陸上部だけは違いました。

 

ヘッドラインに書かれていたのは、

 

「どこの部活に入ろうか悩んでいる人へ!」

 

わかりますか??

誰に見てほしいのか、誰に伝えたいのかが明確ですよね!

 

チラシというのは、ヘッドラインで読み手の興味を惹くことができなければ、そのさきの内容は読んでもらえません。だから、問い合わせや申込みが来ないのです。

 

ちょっと想像してみてほしいのですが、

部活動紹介の掲示板の前に立って、チラシを見ている子は、どんな子だと思いますか?

 

  • たまたま掲示板の前を通った子
  • イラストを描くのが好きな子
  • どこの部活に入ろうか悩んでいる子

 

このような子ではないでしょうか?

そもそも、すでに入る部活を決めている子の目には、あまり入らないでしょうし、目にとまったとしても、自然と自分の入りたい部のチラシを見てしまうと思います。

 

だから、陸上部のチラシは、まだ部活を決めかねている人にはちゃんと見てもらえます!

 

 

ポイント② リスクを減らす

 

とはいえ、陸上部って、ちょっとハードルが高い気がしませんか?(私だけ?)

小学生の時から陸上教室に通っていたり、足が速い子が入るイメージ。

 

でも、チラシにはこうも書かれていました。

 

「走るのが苦手な人も大丈夫!」

 

え?本当?何が大丈夫なの?(←私の心の声)

 

運動が苦手な人も才能を発揮できます!
なぜなら、6種目あるから!

  1. 短距離
  2. 長距離
  3. ハードル
  4. 走り高跳び
  5. 走り幅跳び
  6. 砲丸投げ

 

あ、そっか!陸上部だからって、ひたすら走らなくてもいいのか!

確かに、走るのが苦手でも大丈夫そうだなぁ。(私の心の声)

 

このように、読み手の悩みに対して、リスクを減らしてあげる(不安をとりのぞいてあげる)ことはとても大切なポイントです。

 

これをバレーボールクラブに応用するとしたら、「入会後◯ヶ月間の返金保証」などは「ウチの子に合うクラブかな?」「入会後に、やっぱり行きたくないって言いだしたらどうしよう」というお客様の不安をとりのぞくことができます。

 

 

ポイント③ 入部したら、将来どんなイイコトが待っている?

 

チラシにはさらに、「歴代先輩が語る陸上部のいいところ!」という見出しが書かれていました。

 

※こうした「お客様の声」的な部分は、やっぱり見てしまいますね!

 

歴代先輩が語る陸上部のいいところ!

  1. 仲が良い!(ここには自信があります!)
  2. ふくらはぎの筋肉がキレイになる!(足がキレイに見える!)
  3. 運動が苦手な人も、才能を発揮できる!

 

たしかに!!

バレー部の私にとって、陸上部の子って、ホント足がキレイで羨ましかった!

アキレス腱がキュッとしてて。

 

それに、中学生にとって、仲の良さって重要ですよね。そしてここにも、運動が苦手な人も才能を発揮できるという言葉が…

 

 

これは「ベネフィット」のことですね。

 

ベネフィット(benefit)とは、直訳すると「利益・為になること」といった意味があるのですが、マーケティング用語では、お客様が商品やサービスから得られる「理想の未来像」のことを意味します。

 

陸上部に入ることで得られる、理想の未来。これをちゃんと伝えています。

 

人はベネフィットが欲しくて、商品やサービスを買うのです。

 

 

ポイント④ Call To Action

 

Call To Action(コール・トゥ・アクション)とは、「行動喚起」のこと。

チラシを最後まで読んだら、どう行動してほしいのか?を促すためのものです。

 

陸上部の場合は、

放課後、グラウンドへGo!

と書かれていました。

 

バレーボールクラブでいうと、「申し込み先」や「お問い合せ」などが当てはまります。

電話なのか、メールなのか、Webページから申し込むのか。そうした行動をしっかりと明記することで、申込数は増えます。

 

 

たまに見かけることがあるのですが、無料体験チラシに「対象」「場所」「時間」などは書かれているのに、肝心の「申込み先」が書かれていないことがあります。

 

担当者:前田(TEL 090-0000-0000)

 

これだけでは分かりづらいですし、知らない人に電話をかけるのが、すごく負担に感じる人もいます。

今かけたら迷惑かな?と思って躊躇する人もいるでしょうね。

 

 

チラシには必ず、申し込み先(申し込み方法)と、「今すぐお申し込みください!」の一言は必ず記載しておきましょう!

 

 

あなたのチラシはどうですか?

 

さて、ここまで読んでいただいて、改善できそうなポイントはありましたか?^^

 

もしもあったとしたら、高いコストをかけてチラシ製作を依頼する前に、修正してみてください!

ほんの少し変えるだけで、お問合せが来るかもしれません!

 

また、もうお分かりだと思いますが、チラシで大切なのは、カラフルさ・オシャレ感・プロっぽさではないのです!

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

【毎月5名限定】スカイプ相談!

毎月5名限定で、スカイプコンサル(60分)を承っております。相談終了後、1ヶ月間のサポート付きです。

 

  • 生徒数が少なくて困っている
  • HPやチラシを作ったが、全く問合せや申込みがない
  • これからスポーツ教室を立ち上げるには、どうすれば…

 

そんな悩みを抱えていましたら、ぜひご相談ください。私の経験や学んだことでアドバイスできる内容でしたら、できる限りのサポートをしたいと思っています。

↓ ↓

今すぐ申し込む