石川県 / スポーツビジネスコーチ / 日本スポーツコンサルタント協会

前田佳奈

あなたがもし、

地方だから人は集まらない
● バレーは人気がないから人は集まらない
● うちのチームは弱いから人は集まらない

そう思っていましたら、それは大きな間違いです!

なぜなら私は、地方&バレー人口全国ワースト1位の県でバレーボールスクールを立ち上げ、

たった2年で、100名以上の会員数にまで増やすことに成功しました。

私の場合は初めから、

同じスポーツなんだから、サッカーにできて、バレーにできないはずがない!

きっと何か方法があるはずだ!

そう思っていましたので、この手の情報にはアンテナを張っていたと思います。

こうした私のマインドは、おそらく高校時代に作られました。

・同じ高校生なんだから、あのチームにできて私たちにできないはずがない!
・地方の公立高校でも、全国で勝ち上がれることを証明してみせる!

そういう強い想いで、日々の練習に取り組んでいましたからね!

(負けず嫌いな性格なので、環境や人のせいにして負けを認めたくない…というのもあります。笑)

まず、これだけは言わせてください!

私にできて、あなたにできないはずがありません!

では具体的に、どんな方法で人を集めるのかをお伝えしていきます。

生徒を集める前に「見込み客」を集める!

あなたは「見込み客」という言葉を聞いたことがありますか?

私はこの言葉に慣れるまでに少し時間がかかりました。。

なぜなら私には、バレーボール教室で「見込み客を集めるという概念がなかった」からです。

だって「今すぐ入会してくれる人を集める」ことしか考えていなかったですからね!

スポーツビジネスやマーケティングを学びはじめてわかったのは、

お客様が商品を知って購入するまでには、いくつかのプロセス(段階)がある

ということです。

これはバレーボール教室でも同じ。

1.あなたの教室をまだ知らない人(無知)
2.知っているけど興味・関心がない人(無関心)
3.興味・関心はあるけど、まだ入会していない人(検討)

こういった人たちに対して、

いかにして知ってもらい、興味をもってもらって、体験に来てもらうか。

そうしたセールスプロセスが大切になってきます。

4.あなたの教室に入会するかどうか(最終評価)
5.入会(購入)

これはまた次の段階です。

まず、教室に体験に来てもらうためには、

あなたのお客様(ターゲット)がどの段階にいるのかを知る必要があります。

私もそうでしたが、ほとんどの人は、

・バレーに興味がある人
・バレーを始めたくてチームを探している人

に向けてチラシを作ったり、
(『○○バレーボールクラブ生徒募集!』など…)

ホームページやブログ、FacebookなどのSNSを通してメッセージを発信している場合が多いのですが。

それに当てはまる人は、他のクラブや教室もターゲットにしているのでライバルが多く、①②と比べて、圧倒的に人数が少ないのです。

なので、私たちがまず最初にすべきことは、

・まだ知らない人に、存在を知ってもらうこと
・興味・関心がない人の、興味を惹くこと
・興味がある人に体験に来てもらうこと

この3つです。

ほとんどの人は、あなたの教室のことを「まだ知らない」のです。

バレーに興味がない人を、いかにして集めるか?

私が最初にはじめたのは、無料ブログで、メッセージを発信することです。

仕事を辞めてスクールをはじめたこともあって、広告にかけるお金なんて、ないですからね。

私はメンタルコーチとしても活動していましたので、

「お子さんのメンタルを強くしたい」と思っているお母さんに向けて、ブログを書いていきました。

LEADバレーボールアカデミー
LEADバレーボールアカデミー

大好きなバレーボールの価値を伝え、

バレーを通して自分で未来を切り開く子どもたちを育成するためにも、

バレーボールに興味がない人を、いかにして集めることができるのか?

これは私にとって永遠のテーマです。

今すぐ入会してくれる人を探すよりも、将来入会してくれる人を集めることからはじめましょう!