勉強しても成果が出ないのはなぜ?

集客・売上アップアドバイザー 前田佳奈

 

 

先日、偶然コンビニで知人に再会しました。

彼女とは約4年前、ある環境で一緒に勉強していて、私はメンタルコーチとバレーボールコーチの勉強を。

彼女はスポーツトレーナーとしての勉強をしていました。

 

私は約8ヶ月間そこで勉強した後、バレーボールアカデミーを立ち上げ、この4年間で大きく環境が変わりました。

 

久しぶりに再会した彼女に「最近どうしているの?」と聞くと、驚きの答えが。

まだあの場所で勉強中だと言うのです。

 

『本当は他の環境に移ったほうが勉強になるんだと思うんですけど、まだ続けてます。』

そう彼女は言いました。

 

さて、今回の話を聞いて、あなたはどう思いますか?

 

 

勉強することは素晴らしい。でも…

 

勉強することはとても素晴らしいことです。

 

私の好きな言葉に、

蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり
身の財より心の財第一なり

という言葉があります。

 

蔵の中の金銀財宝よりも、身につけた知識や知恵、学問、技術などのほうが優れている。

そして、どんなに優れた身の財よりも、心が健康であること、そして人との出会いが第一である。

そんな意味だと私は捉えています。

 

 

「蔵の財より身の財」

この言葉を知らなければ、お金に困っている中、勉強にお金を使うことはできなかったと思いますし、そうしていたら今の私はありません。

毎月、勉強代に何万もかけていますし、これからも学び続けたいと思っています。

 

 

だけど、勉強するだけでは何も変わらないと思うのです。

 

 

「プロ受講生」になってはいけない

 

以前、先輩カウンセラーと話していた時のこと。

(あ、私、カウンセラーもしています。)

 

現在カウンセリングや心理療法にはたくさんの療法があり、その数は50を超えると言われていますが、そうしたカウンセリングセミナーに毎回来る「プロ受講生」がいるというのです。

もう何年も、様々な心理療法を学び続けていると言います。

 

「プロ」という言葉はポジティブに使われることが多いのですが、今回はそうではありません。

なぜなら、インプットばかりしてアウトプットをしないから、いつまでたっても「プロ受講生」なのです。

 

せっかく身につけた知識なのですから、自分で使うだけでなく、人を幸せにするためにも使ってほしいと先輩カウンセラーは言いました。

 

 

この話は、カウンセリング業界に限ったことではないと思います。

 

あなたの周りにもいませんか?

セミナーや講演会、勉強会などにしょっちゅう参加しているのに、特に変化が見えない人。

 

たくさん勉強しても成果が出ないのはなぜでしょう?

 

 

行動が人生

 

結局これなんですよね、成果が出るか出ないかは。

学ぶだけでは変わりませんし、決断したからといって人生は変わりません。

 

バレーにたとえるとわかりやすいですね。

フォームを改善し、どんな場面も強気で打つ!と心に決めても、実際に打たなければ得点には繋がりません。

勝ちたい気持ちが強いだけでは、勝てません。何をするか(行動)が成果を作るのです。

 

 

「まだまだ勉強が足りないから…」

そう言ってアウトプットをしない人がいますが、それは大きな間違いです。

だって、その勉強をしてない人からしたら、価値ある知識だからです。

もっと言うと、知識差は対価となります。

 

 

大事なことは3つ。

 

  1. アウトプット前提のインプットをすること
  2. 「ちょっとテスト」の気持ちで行動すること
  3. 行動しながら、勉強すること

 

 

ぜひあなたも、試してみてくださいね。

 

私も自分に言い聞かせます(笑)

 

 

 

スカイプ相談はじめました

あなたが抱えている問題や悩みを明確にし、なぜ成果が上がっていないのか?を明らかにすることで、あなたがやるべきことを明確にします。

詳しくはこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

前田佳奈/日本スポーツコンサルタント協会所属 石川県在住。 小学1年からバレーボールをはじめ、高校では名門金沢商業高校でキャプテンを務め、数々の全国大会に出場。 20代後半、【大好きなバレーボールの価値を1人でも多くの子どもたちに伝えたい!】と一念発起。メンタルトレーニングを学び、小中学生向けのバレーボールスクール「LEAD ISHIKAWA」を立ち上げる。 田舎者で高卒。元Vリーガーでもない。全くのゼロからクラブを立ち上げ、“スポーツ”という目に見えにくいサービスの価値を伝えることの壁にぶつかるも、マーケティングやスポーツビジネスを学びながら実践し、スクールは満員に。起業後3年間で集めた生徒数は250名を超えている。 2018年8月、自身のクラブだけでなく、他のクラブが活性化することがビジョン達成になる、そうした使命を果たしたいという思いで「スポーツ教室の集客・売上アップアドバイザー」としての活動をスタートしました。