石川県 / スポーツビジネスコーチ / 日本スポーツコンサルタント協会

前田佳奈

 

今日はスポーツ指導者のあなたに、最初に覚えてほしいマーケティング用語を、2つ紹介します。

これからスポーツを仕事にしたいが、何から手をつけていいかわからない

クラブチームで指導をしていて、部員数を増やしたい。チラシを配っても反応がない。

スポーツ教室に多くの生徒を集めたいが、SNSで募集しても人が集まらない。

これらに一つでも当てはまりましたら、ぜひ今日の内容はメモをとって覚えてほしいと思います。

人を集める、つまり「集客」するためにはとても重要な内容になりますが、私がスポーツ起業したばかりの頃は全く知らなかった用語です。

 

集客セミナーなどでは、用語の説明すらされないくらい知ってて当然の用語になります。

 

①リード(見込み客)

見込み客とは、まだ自社の商品やサービスを購入・利用したことがないものの、興味関心がある、いずれ購入・利用する可能性のある顧客のことをいいます。

 

これをスポーツクラブに例えると、「まだ自分のクラブに体験に来たことがないものの、興味関心がある、これから体験に来て入部する見込みのある人のこと」です。

私たちが集客する際には、まずはこの見込み客を集めます。

  1. まず自分の存在を知ってもらい
  2. 相手の興味関心を集めて
  3. 体験・検討してもらって
  4. ようやく入会の案内をします。

②と③で相手の悩みを解決してあげたり、購入したい・利用したいと思ってもらえれば、こちらからご案内する前に「すみません、入会したいのですが…」と聞かれることも多々あります。

 

②リードジェネレーション

リードジェネレーションとは、リード(見込み客)を獲得するための活動・行動のことをいいます。

この時のポイントは、自社の商品やサービスに興味関心のある個人・企業の個人情報を獲得することです。

 

スポーツクラブだと、体験会やイベントなどが当てはまりますね!

運動やチームスポーツに興味関心がある人を集めて体験会を行い、保護者アンケートなどでご連絡先を書いていただければ、後日入会案内ができるということになります。

 

そのほかにも、

  • WebページやSNSで発信する
  • 広告を出す(SNS広告・検索広告・ポスティングなど)
  • 出張指導や講演会を行う

などの活動があります。

 

体験会やイベントをただ開催すればいいのではなく、相手の興味を引くこと、選ばれるようなアプローチ、入部してくれそうな人を集めることが大切になります。

 

何よりコンセプトが大事!

「集客」で大切なのは、見込み客を集める活動だということはわかったと思いますが、何よりコンセプトが大事になります。

あなたのクラブは、

  1. 「誰の」悩みやニーズに対して
  2. どんな方法で、何を提供するのか。
  3. どうやってそれを実現するのか。

こうしたコンセプトが定まっていないと、ぼんやりとしたメッセージになり、集客メディアを間違えることもあり、結果、人を集めることはできません。

 

あなたの活動はどうですか?

この機会にチェックしてみてくださいね。