コーチをつけないリスクを考えたことがありますか?

スクール集客アドバイザー 前田佳奈

 

 

こうしてブログを読んでくださっているあなたは、きっと何かの分野の「コーチ」をされていると思いますので、

コーチをつけることのメリットは、もちろんわかっていると思います。

 

では、コーチをつけないメリットについては、考えたことがありますか?

 

 

私は小学生からずっとバレーボールを続けてきましたが、いつもコーチには恵まれていました。

技術指導もそうですし、人間性の教育についても大切にしているコーチのおかげで、今の自分がいると思っています。

 

もし、コーチがいない状態でバレーをしていたら・・・

 

  • 思うようなプレーができず、途中で諦めていたかもしれないし、
  • 間違ったフォームで身体を痛めていたかもしれないし、
  • どんなメニューをすればいいかわからず、練習をサボっていたかもしれません。

 

もちろん指導者にもなっていないでしょうし、間違いなくスクール起業もしてないでしょうね。

 

 

こうしてスポーツにたとえると当たり前の「コーチ」の存在。

成果を上げようと思ったら、その分野の専門コーチをつけるのは自然なことなのですが、

大人になると、コーチをつけない人が多いのはなぜでしょう?

 

あなたは、コーチをつけていますか?

 

 

成功したらコーチをつける?

 

勉強会や面談をした後に、

「まずは自分でやってみて、スクール事業が軌道に乗ったら(うまくいったら)、また前田さんにご相談させていただきます!その際はよろしくお願いします。」

このように言われることがあります。

 

もちろん、そう言っていただけるのは私としては嬉しいことです。勉強会や面談を通じて、そう思っていただけたということですからね。

 

ですが、そう言われる方に伝えたいのは、その方法はおすすめしないということです。

 

なぜなら、「事業を軌道に乗せる」「成功する」「うまくいく」「稼ぐ」ために、私たちのようなコンサルタントが存在しているからです。

 

 

たとえば、あなたの生徒さんが体験後に、

「もう少し自主練を頑張って、上手くなってから習いたいです!」

と言ってきたらどうでしょう?

 

たしかに自主練を頑張るのは素晴らしいことだけど、それがその子にとって効果の出るメニューじゃなければ、上手にはならないと思いませんか?

さらに間違ったフォームでやってしまうと、上手くならないどころか、ケガにつながることもありますよね。

 

これってスクール運営や集客にも同じことが言えるのです。

 

 

私がコーチをつけた理由

 

こんなことを書いている私自身も、スクールを起業して最初の一年は「自分なりに」頑張っていた人間です。

 

思いついたアイディアは実行しましたし、改善できることがあればやりました。

集客に関しても、ネットで調べた方法を試したり、人に聞いたりもしていました。

 

行動すれば何かしらの成果は出ます。

自分なりのやり方がうまくいったこともあり、生徒数は40名ほどいたでしょうか。

ですが、一定の人数から増えなくなったところで、ヘッドコーチをしている夫が体調を崩してしまい、勤めていた会社を退職することになったのです。

 

このままの収入では食べていけない。

今後もし、私や夫が倒れても、スクールは倒れないような仕組みを作らなくては…

 

「LEADのおかげで人生が180度変わりました!」
「毎日LEADに行くのが一番の楽しみです!」
「LEADで出会えた仲間は一生の宝物です!」

 

そういってくれる会員さんを守るためにも、事業の仕組みを作らなければいけないと本気で思ったのです。

 

しかも、3年も5年もかけている時間はありません。

「スポーツが仕事になるはずがない、趣味やボランティアでやるものだ」

 

そう言われていたこともあり、短期間で大きな利益を上げたいと考えて、私はコーチをつける決意をしました。

 

 

成果はすぐに出た

 

私はいつもコーチに恵まれます。

 

ビジネスのコーチも素晴らしい方で、知識も豊富で、実体験から教えてくださるので、やるべきことが明確です。

時には、私が耳をふさぎたくなるような厳しいことも言ってくださいましたし、おかげで考え方や生き方まで変わりました

 

会員数は半年で80名を超え、外部からの指導依頼や講演依頼もいただくようになりました。

売上は毎月のように増えていき、4万円を超える2か月間のプログラムは、リリース後3日で定員が埋まりました。

 

 

やはりスポーツも勉強も、ビジネスも、

戦略を立てて、正しい努力を重ねれば、ちゃんと成果が出るのです。

 

失敗することはあっても、もう立て直しが利かないほどの失敗はありません。

なぜうまくいくのか、なぜうまくいかないのかがわかるようになりましたが、自分では気づけない部分を第三者の視点でアドバイスいただけるので、コンサルタントとして活動している今でも、コーチについてもらっています。

 

 

もしも、あのまま、コーチをつけずに自己流でもがいていたらと思うと…

思い通りの成果が出ず、

「やっぱりスポーツを仕事にしたいなんて、私には贅沢な夢だったのかな…」

と諦めてしまっていたかもしれません。

 

 

決めるのは「自分」です

 

コーチの重要性は、考えればわかると思います。

でも、なぜほとんどの人は、コーチをつけずに独学で頑張ろうと思うのでしょうか?

 

お金がかかるからでしょうか。

痛い部分を突かれるのがこわいからでしょうか。

信頼できるコーチに出会っていないからでしょうか。

 

それとも、自分がやり切れるか、結果を出せるかわからないからでしょうか。

 

 

どんな挑戦にも先行投資はつきものですし、リスクはあるものです。

それでも自分がどうしても成し遂げたいことなら、目標達成に近づくベストな方法を試すのが一番だと思います。

 

成功するために必要だと思えば、どんなにお金がかかっても、睡眠時間を削ってでも、私はやります。

 

 

今日、私があなたに伝えたいのは、

「コーチをつけましょう」「コンサル受けましょう」ということではありません。

 

自分の夢や目標、挑戦に対して、

お金や時間、家族が言い訳になっていないか?ということを、もう一度考えてほしいのです。

 

私はいつも、できない理由なんかないと自分に言い聞かせています。

 

人生において、やらないことのほうがリスクだ

 

スポーツビジネスへの挑戦、転職すること、家族の反対、世間の目…

困難なこともありますが、やるリスクより「やらないリスク」のほうが大きい。

 

この言葉を胸に、私も日々頑張っています!

共に頑張りましょう。

 

 

それでは今日はこのへんで。

 

 

 

集客に困っている方へ!
「集客がうまくいかない7つの理由」を知っていますか?

スポーツにも、うまくいかないのには原因や課題がちゃんとあるように、集客にもうまくいかないのには原因や課題があります。課題がわかれば、対策や解決策がわかりますので、あとは実践するだけ!

今なら、スポーツクラブ・スクール経営者のための「集客がうまくいかない7つの理由レポート」を無料でプレゼントしております!

↓ ↓

■メールアドレス (必須)

■集客に関するお悩みがあれば、ご自由にメッセージください。

※レポートはメールにてお送りします。
 メールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックしてください!

※ご入力いただいたメールアドレスは、レポート送信の目的以外には使用しません。

ABOUTこの記事をかいた人

前田佳奈/日本スポーツコンサルタント協会所属 石川県在住。 小学1年からバレーボールをはじめ、高校では名門金沢商業高校でキャプテンを務め、数々の全国大会に出場。 20代後半、【大好きなバレーボールの価値を1人でも多くの子どもたちに伝えたい!】と一念発起。メンタルトレーニングを学び、小中学生向けのバレーボールスクール「LEAD ISHIKAWA」を立ち上げる。 田舎者で高卒。元Vリーガーでもない。全くのゼロからクラブを立ち上げ、“スポーツ”という目に見えにくいサービスの価値を伝えることの壁にぶつかるも、マーケティングやスポーツビジネスを学びながら実践し、スクールは満員に。起業後3年間で集めた生徒数は250名を超えている。 2018年8月、自身のクラブだけでなく、他のクラブが活性化することがビジョン達成になる、そうした使命を果たしたいという思いで「スポーツ教室の集客・売上アップアドバイザー」としての活動をスタートしました。