石川県 / スポーツビジネスコーチ / 日本スポーツコンサルタント協会

前田佳奈

 

先日、夫から「Apple Watch(アップルウォッチ)をプレゼントしようと思っている」と言われ、

秒で断りました。笑

 

そんな私に対して夫は、あのアップルウォッチだぞ?嘘だろ?というような顔をして、

メリットをたくさん伝えてきたんですね。

 

「スマホの通知をすぐ確認できるし、心拍数とか健康管理もできるぞ?
音楽も聴けるし、デザイン性も良くてモチベーションも上がるよ?」

うん。いらなーい。

「プレゼントねんよ?タダで貰えれんよ?」

え、それやったら美味しいお店に行きたいかな!

 

・・・と、こんなやりとりがあったわけなんですが、夫婦関係もビジネスをする上でも、

相手が何を望んでいるか?を理解することって大事ですよね。

 

アップルウォッチの性能が良いことはわかってるんですよ。

オシャレだと思うし、単純にカッコイイし。

 

でも、、、

私、腕時計とかつけるの苦手なんです。笑

ネックレスとかピアスも金属アレルギーあるし、つけたいと思わなくて。

 

しかも、時計ってキーボード打つ時、邪魔になりそうだし。

プライベートな時に、通知を見ると休めないから、むしろスマホも遠ざけたいタイプなんです。

 

だから、どれだけメリット聞かされても全く響かない。

 

それより、美味しいご飯を食べたり、今まで行ったことのないお店行ってみたり、

温泉行ってゆっくりしたいなーと。

 

 

これと同じこと、ビジネスでもありませんか?

あなたの商品・サービスに、どんな特長や利点があるのか理論では商品は売れない。

それを今すぐ欲しいと思わせるだけの感情的なニーズを満たすから、お客様は買うんですよね。

 

たとえ無料でも、いらない物はいらない。

自分の望みを満たしてくれて、不満や不安を取り除いてくれるのなら、喜んでお金を払うのです。

 

スポーツサービスも同じ。

相手(お客様)が何を望んでいるか?を理解することから始めなきゃですね!

 

それでは今日はこのへんで。