なぜ、チラシに「チーム名」を大きく書いてはいけないのか?

集客・売上アップアドバイザー 前田佳奈

 

 

あなたのクラブチラシで、一番目を引く部分に書いてあるのは何ですか?

また、一番大きな文字で書いてあるのは何でしょうか?

 

もしもこの問いに「クラブ名(チーム名)」と答えたとしたら、

もったいないチラシになっているかもしれません。。。

 

 

チーム名は何だっていい。

 

落ち着いて考えてみると「たしかに、そうだな…」と思うことなのですが、

見込み客にとって、あなたのクラブの名前が何であろうと、どうだっていいのが本音です。

 

それなのに多くのクラブは、チラシの一番目を引く部分に、

『○○バレーボールクラブ』

と書いてしまっています。

 

 

大事なことを先にお伝えしますが、

チラシを手にする方のほとんどが、あなたのクラブのことを知らない方です。

 

ということは・・・

 

一番目を引く最初の部分で、読み手の注意を引けなければ、

後の文章を読んでもらえず、クラブが存在しないものと同じになってしまいます。

 

 

広告効果はヘッドラインで決まる!

 

広告やチラシで、一番目を引く部分を「ヘッドライン」といいます。

(キャッチコピーともいわれます。)

 

ヘッドラインは読み手に与える第一印象

さきほども言いましたが、ここで注意を引けなければ、本文は読んでももらえません

 

せっかく時間やお金をかけてチラシを作ってポスティングをしても、ムダになってしまいますね。

 

 

ヘッドラインの役割は、注目を集めること。

「お?」「なになに?」と注意をひくことです!

 

このヘッドラインに、多額の費用をかけてコピーライターを雇う企業もあります!

たった一文で、広告効果が2倍3倍どころか、10倍も反応が違ってくるのです。

 

 

ヘッドラインに悩んだら…

 

私も初めてチラシを作ったときは、

「LEADバレーボールアカデミー 新メンバー募集中!」と、大きな文字で書いていました。

 

このヘッドラインを見て「お?」と思う人は、

  • LEADを知っている人
  • ちょうどバレーボールスクールを探していた人

この2パターンで、それもごくわずかです。

 

 

もしもあなたが、チラシにど~んと大きくクラブ名やチーム名を書いていたとしたら、

ヘッドライン部分から修正してみてください!

 

もしかすると、それだけで問合せが増えるかもしれません!

 

 

ヘッドラインで悩んだ時は、ぜひ書店へ!

もちろんキャッチコピーに関する本も売ってますが、私のおすすめは「本のタイトルや帯を見る」ことです。

これだけで、かなり勉強になります!

 

思わず手にとった本があれば、そのタイトルやコピーをメモして、真似てみましょう!

 

それでは今日はこのへんで。

 

 

 

ダウンロードは無料です!

  • バレーボールクラブの生徒数が少なくて困っている
  • HPやチラシを作ったが、全く問合せや申込みがない
  • 値上げしたいけど、どうすればいいかわからない

 

そんな悩みを抱えていましたら、ぜひ「集客効果UPレポート」をご活用ください。

↓ ↓

無料ダウンロードはこちらから

 

ABOUTこの記事をかいた人

前田佳奈/日本スポーツコンサルタント協会所属 石川県在住。 小学1年からバレーボールをはじめ、高校では名門金沢商業高校でキャプテンを務め、数々の全国大会に出場。 20代後半、【大好きなバレーボールの価値を1人でも多くの子どもたちに伝えたい!】と一念発起。メンタルトレーニングを学び、小中学生向けのバレーボールスクール「LEAD ISHIKAWA」を立ち上げる。 田舎者で高卒。元Vリーガーでもない。全くのゼロからクラブを立ち上げ、“スポーツ”という目に見えにくいサービスの価値を伝えることの壁にぶつかるも、マーケティングやスポーツビジネスを学びながら実践し、スクールは満員に。起業後3年間で集めた生徒数は250名を超えている。 2018年8月、自身のクラブだけでなく、他のクラブが活性化することがビジョン達成になる、そうした使命を果たしたいという思いで「スポーツ教室の集客・売上アップアドバイザー」としての活動をスタートしました。